会 則

目白大学 会則について

第1章 総 則

(名 称)
第1条 本会は、目白大学同窓会と称する。
(位 置)
第2条 本会の本部を、目白大学新宿キャンパス内に置く。
(目 的)
第3条 本会は、会員相互の親睦を図り、合わせて目白大学(以下母校とする)の発展に協力することを目的とする。
(事 業)
第4条 本会は、前条の目的を達成するために次の各号に掲げる事業を行う。
  1. (1)会員の相互扶助・親睦に関する事業
  2. (2)母校の教育活動への協力に関する事業
  3. (3)母校の学生に対する支援に関する事業
  4. (4)会員名簿の作成および会誌の発行に関する事業
  5. (5)その他、本会の目的を達成するために必要と認められる事業

第2章 会 員

(正会員)
  1. 第5条
  2. 1.本会は、母校の卒業生を正会員とする。
  3. 2.中途退学者が正会員になることを希望する場合には、幹事会の審議を経なければならない。
(名誉会員)
  1. 第6条
  2. 本会は、本会の発展に功労にあった者で、かつ、幹事会で承認された者を、名誉会員とすることができる。

第3章 運営組織

(役 員)
  1. 第7条
  2. 1.本会に、次の各号に掲げる役員を置く。
    1. (1)会 長 1 名
    2. (2)副会長 若干名
    3. (3)幹事長 1 名
    4. (4)幹 事 若干名
    5. (5)事務局長 1 名
    6. (6)財務 若干名
    7. (7)顧問 若干名
    8. (8)会計監査 1 名
  3. 2.前項に定める役員の他、幹事会の定めるところにより、必要な役員及び各種委員を置くことができる。
  4. 3.総会の審議を経て、名誉会長を置くことができる。
  5. 4.役員はすべて無報酬とする。ただし、会計監査は除く。
(役員の選出)
  1. 第8条
  2. 1.会長及び副会長は、幹事会の定めるところにより、総会においてこれを選出する。
  3. 2.幹事長、幹事及び会計監査は、会長がこれを任命する。
  4. 3.事務局長は、幹事の中から互選される。
  5. 4.顧問は、会員の中より会長が推薦し、幹事会の承認を経て任命する。
(役員の任期)
  1. 第9条
  2. 1.役員の任期は、就任後2年以内の最終決算に関する定期総会の終了時までとし、再任を妨げない。
  3. 2.補充又は増員により選任された役員の任期は、前任者又は現任者の残存期間とする。
  4. 3.役員は、辞任又は任期満了の場合においても、後任者が就任するまでは、なおその職務を行うものとする。
  5. 4.顧問の任期は、就任後1年以内とし、再任を妨げない。
(役員の職務)
  1. 第10条
  2. 1.会長は、本会を代表し、会務を統括する。
  3. 2.副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代行する。
  4. 3.幹事長は、幹事会を招集し、その議長にあたる。
  5. 4.幹事は、幹事会を運営し、幹事会の業務を分担する。
  6. 5.事務局長は事務局を統括し、本会の事務を所掌する。
  7. 6.会計監査は、本会の会計を監査し、総会に報告する。
  8. 7.顧問は、本会の重要事項に対して幹事会の諮問に応じる。
(機 関)
  1. 第11条
    1. 1.本会に、次の機関を置く。
      1. (1)総 会
      2. (2)幹事会
      3. (3)事務局
(総 会)
  1. 第12条
  2. 1.総会は、本会の最高議決機関として位置づける。
  3. 2.総会は、定期総会及び臨時総会として開催される。
  4. 3.定期総会は、毎年1 回、定期的に開催することとする。
  5. 4.臨時総会は、会長及び幹事会が必要と認めたときに開催する。
  6. 5.総会の議長は、会長がこれにあたる。
  7. 6.総会の議事は、出席会員の過半数の同意で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
(総会の審議事項)
  1. 第13条
    1. 1.総会は、次の各号に掲げる事項を審議する。
      1. (1)本会が行う事業の承認
      2. (2)予算・決算の承認
      3. (3)本会役員の選出
      4. (4)その他幹事会において重要と認められた事項の承認
(幹事会)
  1. 第14条
  2. 1.幹事会は、第7条に定める役員全員によって構成され、総会に次ぐ決定権を有する。
  3. 2.幹事会は年2回開催する。ただし、幹事長において開催が必要と認めた場合は、この限りではない。
  4. 3.幹事会は構成員の過半数の出席をもって成立する。
  5. 4.幹事会の議事は、出席者の3分の2以上の同意をもってこれを決する。
  6. 5.幹事会に欠席する場合は、委任状を提出することで、議決権を行使することができる。
  7. 6.幹事会に連続して2回無断欠席した場合は、幹事会構成員としての職務遂行を認めない。
(幹事会の審議事項)
  1. 第15条
    1. 1.幹事会は、本会の運営上必要とする次の各号に掲げる事項を審議する。
      1. (1)予算案の審議
      2. (2)会則改訂の発議
      3. (3)事業案の審議
      4. (4)その他の重要事項
(事務局)
  1. 第16条
    1. 1.本会の事務を処理するため、本会本部に事務局を置く。
    2. 2.事務局に事務局委員若干名を置く。ただし、事務局委員は、第7条第1項第4条に定める幹事の中から互選される。
    3. 3.事務局委員の任期は当該幹事の任期と同一とする。
    4. 4.事務局は、次の各号に掲げる事務を所掌する。
      1. (1)金銭出納及び財務管理等に関する事務
      2. (2)総会等の開催通知の作成及び発送に関する事務
      3. (3)諸行事の開催通知の作成及び発送に関する事務
      4. (4)会員名簿の作成に関する事務
      5. (5)会報の発行に関する事務
      6. (6)その他、本会運営に関する事務

第4章 支 部

(支 部)
  1. 第17条
  2. 1.本会は、会員の申請に基づき、幹事会の承認を得て、支部を置くことができる。
  3. 2.支部設立の目的は、次の各号全てを満たすものとする。
    1. (1)会員相互の親睦を図る。
    2. (2)本会の活動の活性化を図る。
    3. (3)母校の発展に寄与する。
  4. 3.支部に関わることについては、細則に定める。

第5章 会 計

(資産及び経費)
第18条 本会の資産は次の各号に掲げるものを以って構成し、経費は、資産を以ってこれに充てる。
  1. (1)会 費
  2. (2)資産から生ずる収入
  3. (3)寄付金、その他の収入
(終身会費)
第19条 本会の正会員は、目白大学卒業時に終身会費25,000円を一括納入する。
(会計年度)
第20条 本会計年度は毎年4月1日より翌年3月31日までとする。
(その他)
第21条 本会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な細則は、幹事会が別に定める。
(交通費)
第22条 役員及び会員の企画・会議参加時の交通費等については細則に定めた通り支給する。
(会則の改廃)
第23条 本会則の改廃は、総会の審議を経なければならない。
附 則
  1. ・この会則は、平成11年2月20日から効力を発する。
  2. ・この会則は、平成16年11月14日から効力を発する。
  3. ・この会則は、平成17年10月30日から効力を発する。
  4. ・この会則は、平成19年6月23日から効力を発する。
  5. ・この会則は、平成24年4月1日から効力を発する。
  6. ・この会則は、平成25年2月28日から効力を発する。
  7. ・この会則は、平成27年8月31日から効力を発する。